no title

1: 名無しのがるび 2021/05/25(火) 21:55:52.73 _USER9.net

https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/d/9/620/img_d90957bdc0a49b802858ece73905bc45631487.jpg
https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/9/8/300/img_988a92443035757fe3958ebc0731c8b8206826.jpg

「俺が頭を下げるには、テメェは小物すぎるんだよ!」

力強い声でワイルドな決めゼリフを放つのは、イケメン声優の駒田航。

「185センチの長身で、筋肉質のスラリとした体形。ドイツ育ちで語学も堪能です。男性声優による音楽プロジェクトの『ヒプノシスマイク』では、入間銃兎という人気キャラクターでラップを披露していますよ。日本テレビ系の『news zero』では金曜日のナレーションを担当するなど幅広く活動しています」(音楽ライター)

■今年1月に結婚を発表したが……

多くの女性ファンを持つ駒田だが、今年1月に一般女性との結婚を発表。しかし、彼にはほかにも親密な女性がいたという。

「都内在住のAさんは、駒田さんが独身のころからよく2人で会っていました。彼が結婚してからも関係は続き、むしろ深まっていったんです……」(Aさんの知人、以下同)

アニメでは“爽やかイケメンキャラ”を演じることが多いが、プライベートでは別の顔を持っていた。Aさんとの出会いは、昨年11月にさかのぼる。

「音楽業界で働く共通の知人の紹介で知り合ったそう。3人で食事に行ったあと、Aさんと駒田さんの2人きりに。駒田さんは彼女の連絡先を聞き、そこから積極的に誘うようになりました」

しかし12月中旬、ある大きな出来事が。

「ドライブデートの帰りに突然“実は結婚するんだ”とAさんに報告。動揺する彼女に“結婚するけど、正直Aさんに惹かれてるのは事実だし、これからも関係はずっと続けていきたい”と言ったそうです。彼女が、自分に惹かれてるのならなぜ結婚するのかと聞くと、“向こう(妻)のことも嫌いじゃないから別れられないし、一緒に住んでるし……”と歯切れの悪い答えでした」

彼の望みどおり、ふたりの関係は結婚後も続く。

「Aさんは距離を置くことも考えていましたが、駒田さんは結婚してから、より積極的になったそうで……。仕事終わりに会えるかどうか、彼女の予定を毎日聞くように。結婚前は外で会っていましたが、人目を恐れたのか、彼は次第にAさんの家で過ごしたがるようになりました」

■「不倫にならない」理由

 結婚直後の1月上旬、駒田は彼女の家を訪れる。

「家に来ると、身体をベタベタ触ってきたそうです。数日後には“手料理が食べたい”と言ってまたAさんの家に。その日、彼女は目隠しされ、はいていたストッキングをやぶかれて……。その2日後も訪れ、その日も食事が終わると駒田さんはすぐ服を脱いで……」

 新婚の妻を裏切る行動なのは明らかだが、彼には奇妙な価値観があった。

「実はふたりは、“行為”を最後までしたことはなかったんです。駒田さんが“最後までシなきゃ不倫にならないから大丈夫”と言っていたそうで……。罪の意識なんか毛頭ないのかもしれませんね」

 しかし、2月中旬になると、駒田は多忙を理由にAさんと会わなくなった。

「Aさんは“都合のいいときに短時間で、ただソープ代わりにされていただけなのかも”と傷ついていて……。もちろん彼女も悪いけれど、駒田さんは欲望のためにAさんを利用しただけなんです」

 爽やかなイメージからかけ離れた裏の顔。事実を確認するべく、5月中旬に自宅マンションから出てきた駒田を直撃した。

─Aさんという女性と不倫関係にあったようですね?

「…………」

 顔をしかめ、しばし沈黙した後、ゆっくりと口を開いた。

「あの~、Aさんという女性は、もちろん存じ上げています。言えることは、本当に何もそういったことはしておりませんので」

─Aさんの自宅にも行っていたと聞いています。

「友達関係でお会いして、ご飯に行かせていただいて。家に行ったのも、趣味のDVDを貸していただいたのを、返しに行っただけです」

─奥さんもご存じ?

「妻には、“友人のところに行ってくる”と」

─Aさんの家で、行為はしていない?

「もちろん、ないです」

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://www.jprime.jp/articles/-/20952?display=b

2: 名無しのがるび 2021/05/25(火) 21:56:53.06
とりあえずお疲れ

71: 名無しのがるび 2021/05/25(火) 22:34:50.86
してねえのかよ
逆にすごい


続きを読む
元記事で続きを読む